何回も子連れで国際便に乗った私が実践する、子連れ飛行機対策〜準備編〜

皆様の、楽しい夏休みの旅行の参考になれば幸いです♫

image

ドイツとアメリカに住んでいた約10年間、ほぼ毎年夫なしで、子連れ里帰りしていました。子供が小さい時、特に2歳前後は1番大変でした。1人で歩けちゃうし、抱っこは重いし、会話が成立しないし。歩けない赤ちゃんの方がまだマシです。往復泣きたくなるほど大変な思いをし、「こんな目に遭うなら、もう来年は日本行かなくてもいいや」なんて思うのですが、1年後にはその苦労をすっかり忘れ(笑)、また大変な思いをして里帰りしていました。

そんなこんなで、何回も子連れ国際便を経験した私がしている飛行機対策は…

①チャイルドシートを機内に持ち込んで使用する。

これは、飛行機に乗る前後、荷物が増えてちょっと大変なのですが、機内で12時間楽になれる方が大事ですので、状況が許せば絶対に持ち込んだ方がいいです!

いつも使用しているチャイルドシートに乗せれば安心するし、シートベルトしているから子供がチョロチョロする事もないし、頭が支えられるので、長時間寝てくれます。夫なしのフライトは、チャイルドシートなしでは乗り切れませんでした。

もし現地でレンタカー借りて観光する場合も、チャイルドシートは必要ですしね。

お手持ちのチャイルドシートが、利用する航空会社で使用可能か、事前に必ずチェックして下さいね!でないと、せっかく苦労して持っていっても使えないかも知れませんので。

※飛行機に適合している証明のマークがチャイルドシート自体に貼ってあるかを、チェックインカウンターで調べられます。

その旨が説明書に書いてあれば、それを見せても平気でした。

あくまでも、その場で証明する必要があります。

※チャイルドシートは、英語ではcar seat(カーシート)です。

②パスポート等の貴重品は、常に身につけられる小さいバッグに入れる。おやつ、着替え等の荷物と分ける。

搭乗するまでに、結構な時間待ちますよね?!子供は絶対に大人しく座っててくれないので、親はしょっちゅう子供を追いかけ回す様になります。その時に、荷物を全部まとめたリュックをずっと背負っているのでは、フライト前から疲れてしまいます。なので、貴重品だけ常に身につけ、盗まれても何とかなる荷物は、ベンチに置きっぱなしにしてました。今のところ、失くした事はないです。搭乗時にもさっとパスポートとチケットを取り出せます。Coachのショルダーバッグを使ってます。

③夏でも上着か、毛布を機内に持ち込む。長ズボンを履く。

特に、外国の空港、飛行機は冷房が効き過ぎで、配布される薄い毛布では不十分な事が何回かありました。寝ている子供に掛けても、生地がツルツルしているので、落ち易く、私が安眠できませんでした。洗濯バサミを持参するのもいいですね。でも、羽織るものがあったほうが安心です。

④赤ちゃんのオモチャ&おしゃぶりには、パンツのゴム(笑)をつけておく。

床に落ちたら汚いし、狭い機内では探すのも大変です。たすき掛けでつけます。くれぐれも、首が絞まらないように注意してあげて下さいね。この方法はかなり有効で、自信を持ってお勧めします!ダイソーで売っているおしゃぶりクリップもお勧めです!

ダイソーで見つけた、シンプルなおしゃぶりクリップ
長女のおしゃぶりクリップです おしゃぶり=pacifier  ダイソーで買いました。 お洒落でもないけれど、シンプルなの...

⑤前に座席のない最前列の席を選ぶ

子供が前の座席を蹴ったり、テーブルを開けたり閉じたりしたがります。その度に前の方に振動が伝わるので、こちらはヒヤヒヤです(笑) 1番前列の席ですと、前に座席がないので、その点は気楽です。ただし、物を入れるポケットがないのと、テレビを食事の度に肘掛けの中に閉まったりするのが難点ですが、それでも私には最前列がよかったです。足元も少し広いです。ちなみに、体重10キロまでの赤ちゃん用のベビーベットが大体の航空会社にあるのですが、壁に取り付けるので、自動的に最前列になります。はっきり言って、この中で赤ちゃんはほとんど寝てくれないのですが、最前列に座れるし、荷物置きに丁度良く便利でした。ベビーベットの数に限りがあるので、お早めの予約が必要です。

ベッドには日除けカバー(?)がほとんどの場合ついてませんので、赤ちゃんは明るかったりして寝てくれません。私はダンボールにコの字型になるように切り込みを入れて持参した事もあります。それをベッドを覆う様に設置し、更に毛布をかけました。ダンボールのサイズが適当ですから、あまりうまくいきませんでしたが笑。

⑥おやつは飴がおすすめ。

虫歯が心配ですが、フライトの間だけなので割り切ってます。飴は、長持ちするし、嵩張らないです。少しベタベタするけど、スナック菓子やお煎餅のようにポロポロする方が後始末が大変です。床にばらまいちゃった日には悲惨です。離着陸時に舐めさせれば、耳抜きになります。ポイントは、フライト時に久し振りに飴を与える事です。喜びますよ。

⑦倒しても漏れないカップ(マグ?)を持ち込む。

機内で飲み物をもらう時、使い捨てカップではなく、こちらに入れてもらいます。こぼす心配がなく安心です。

ママのカップも持参した方がいいですよ

使い捨てカップ、結構邪魔でヒヤヒヤします。

次回の〜機内編〜に続きます。

 

 

 

空港でも活躍しました↓

  

ご訪問ありがとうございます❤️ 

SNSフォローボタン

フォローする

クリック応援が更新の励みです❤️

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 子育てブログへ

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告